【優しさは何処から来るのか】

朝の出掛ける時間に2階に上ると、部屋の中に朝日が差し込んでいた。 冬至から2ヶ月が過ぎ、あと1月しないうちには昼夜の長さが逆転する。日足が伸びるのも当たり前であるが、日の出の時間もずいぶんと早くなったものだとやはり感心してしまう。 朝、東に向かって自転車を走らせば、斜めに差し込む朝日がまぶしい。 冷え込んだ朝と言っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【外壁塗装に思うこと】

2ヶ月つづりのカレンダーを1枚めくると春らしい絵柄が現れました。 厳しかった寒さもだいぶ緩み、梅を追うように咲きだした河津桜が冬枯れの景色に彩を与えています。 さて、先日、我が家では外壁と屋根の塗り替えを行っていました。家の周りには足場が組まれ、シートに覆われ、さらには窓にビニールを張られと、家の中は昼間でもなんとなく薄暗い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【なくした傘】

先日、駅に傘を忘れた。雨上がりの夕刻だった。 強風の影響で電車が遅れ、帰宅の時間帯と重なった駅のホームはかなり混雑していた。人波に押しやられた私はホームの後ろの壁に寄り添うように立つ。電車を待つ間の手持ちぶたさを埋めるため、本でも読もうと、かばんの中から先日買った文芸春秋を取り出そうと試みるが手に持った傘がどうにも邪魔である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【はんなり ほっこり】

三寒四温とはよく言ったもので、その言葉通りに寒い日もあり暖かい日もある最近のお天気です。 暖かな空気に包まれると、自然、春が近いな~~と心の中で呟きがもれてしまいます。心底から湧き立つ心地よい気分を言葉にすれば、「はんなり」が一番はまっているような気がします。 実際のところ関東で生まれ育った私は、京都の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【しもやけこやけ】

晴れの日が長続きしませんね。暖かかったり、寒かったり、雪が降ったりと、今は近づく春を迎える準備の季節といったところでしょうか。 関東平野のこの冬は、寒さと乾燥が記憶と記録に残りました。その寒さと乾燥は私の体にも小さな影響を残したようです。 左手の中指、第一関節辺りが赤く腫れ始めたのは去年の年末ごろだったと思います。多少ヒ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【雪の連休】

季節の流れが変わった。移ろう季節が運んできたのは雪だった。 せっかくの三連休だと言うのに、雪を運んできた低気圧がなんとも言えず恨めしい。雪は舞っても積もらなかったのがせめてもの救いだろうか。 積雪とは聞き慣れた言葉であるが、積雪がいざ目の前に迫ると憂鬱でる。 雪かきのわずらわしさを思うと、鉛色の空がいっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【物忘れ】

まただ。最近どうも物忘れが多い。 今朝新聞を読んでいて気になったことがあったはずだ。後で調べようと思って放っておいたら案の定、何を調べようとしていたのかを忘れてしまった。思い出そうと記憶の糸を手繰り寄せるのだが思い出せない。もう一度新聞をざっくり読み返してみるが思い出せない。 いっそのこと、調べようと思ったこと事態を忘れてし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more